マイティジャック対マイティボ○ジャック(4)

お陰様でシュガーS対Mレッドの累計発売本数が1,000本を超えました。
購入して頂いた方、レビューを投稿してくださった方、ありがとうございます!
DLsiteさん単体で1,000本達成するのも時間の問題だと思います。
去年の春のHDDクラッシュを乗り越えて完成させた甲斐がありました・・・
(まだそのときに作った借金は返せていませんがw)
過去作のリアルタイムバトルものとは違う方向でシステムに力を入れたのですが、この辺は好みのわかれる仕上がりになったかもしれません。
その反動というわけではないのですが、次の偽ヒロ対代ヒロはかなりビジュアルノベル寄りにすることを考えています。
今後のゲームの作り方として、ビジュアルノベル寄りとゲーム寄りの間を行ったり来たりできればよいと思っています。
実際、偽ヒロ対代ヒロの次はゲーム寄りの作品を考えています。
あと『敵女』度というか、敵女の敵感みたいなのもある程度振っていきたいですね。
偽ヒロ対代ヒロの次は、結構ラブラブ系の作品がよいかなと思っています。
ラブラブだけど敵・・・みたいな感じでしょうか。
長期間にわたってゲームを作っていきたいと思っているので、気長にお付き合い頂けるとありがたいです。

偽ヒロ対代ヒロの制作ですが、18、19日に書いたシナリオが曜日を間違っていることに気づき、20日から修正作業をしています。まだ終わっていません。
その他、家の雑件があってあまりシナリオ執筆は進んでいません。
疲労がたまってきたので明日作業は一日休んで、水曜夜から作業を再開するつもりです。
HP更新もあるので、その辺もそろそろ進めなくては・・・

それから、本日ゲソ通を配信しました。
現段階でのスケジュール、着エロの傾向なんかを書いてみました。
気になる方は是非読んでみて下さい!

マイティジャック対マイティボ○ジャック(3)

偽ヒロ対代ヒロのシナリオ書き、現在序盤の終わりに差し掛かったところです。
序盤の山場という感じです。
ゲーム的にはここからが本番、色仕掛けエロもようやく本番です。
このペースだと、今年前半の間に体験版は出せそうな気がしています。
早くある程度形にしたいところですね。

それと・・・
前回のブログでも書いたとおり、来週25日か26日にホームページを更新し、主人公側ヒロインのビジュアルを公開します。
CG担当の鈴輝桜さんには非常に綺麗なヒロインを描いて頂いているので、是非チェックして頂ければ幸いです。
お楽しみに!

マイティジャック対マイティボ○ジャック(2)

今週は半ば以降どうも体調が優れず、制作の進捗はイマイチでした。
それでも、来月の終わりごろにはストーリー周りのテキストはほぼ仕上がるのではないかと思っています。

二週間後の4/25、26のあたりでホームページの更新を予定しています。
大きな更新点としては、
・偽ヒロ対代ヒロのヒロインの絵の追加
・SS過去作のコーナーの追加
といったところです。
SSについては、今のところ更新履歴のリンクを辿ってしか見られないので、この辺を直して、正規にSSコーナーを新設するつもりです。

今月末から来月上旬にかけて(暦の上では)10連休がありますが、ソンム製作所的には特に変わったことはなく、平常通りの営業になります。
急に仕事が進むわけでも、急にサボるわけでもなく、いつもと同じ進捗具合になります。
特段企画などもありません。

むしろ大きいのは、今年後半、私の部屋の工事があることです。
この工事の前後で軽い引っ越しをしなければならず、制作が少しストップすることになります。
部屋にあるものを全部移動させて、部屋を空にしなくてはならないので・・・
これはもう決定事項で、部屋の工事は今年後半必ずあります。
まあ、仕方ないですね・・・

マイティジャック対マイティボ○ジャック(1)

偽ヒロ対代ヒロのシナリオテキスト、まもなく10日目が終わるところです。
テキスト量で5万字超えてる感じです。
エロに関してはほぼありません。
なのでゲームとして作るときは、この辺スパッとスキップできるようにします。
ストーリーを読みたい人はどうぞ的な扱いですね。

そんな文字数を使って何を書いてるんだって話になるんですが、基本的には正規ヒロインたちと主人公の関係ということになると思います。
毎回正規ヒロインの描写がタンパクなのもどうかというのもあって、今回は頑張っているつもりです。
もちろん、正規ヒロインそれぞれに服装差分ありの立ち絵があります。
鈴輝桜さんには、目に入れても痛くないくらい美人のヒロインたちを描いてもらっています。
皆さんの期待を裏切らない出来だと思います!
今月末実際の絵を公開していきますので、お楽しみに!

鈴輝桜さんにはうちの過去作のCGを度々担当して頂いていますが、御自身でもサークル『蒼桜』を運営されており、先月CG集詰め合わせ『サキュバス・男性受け CG集まとめパック』を発売されています。

収録作品は5タイトル、差分を含めたCG枚数は総計1800枚ということで、かなりのボリュームです。
1タイトルあたり300円ちょっとで購入できることになるので、是非チェックしてみて下さい。

あと、話は戻って自分のゲームの字数についてなんですが……
特段売り文句には書いてないのですが、シュガーS対Mレッドも結構字数があります。
確かラノベ数冊分くらいの字数はあったような気が?
違ってたらすみません(適当

キラやば~っ☆(3)

偽ヒロ対代ヒロのイントロ部が書き終わり、序盤イベントのシナリオに入りました。
イントロ部分とあわせると、すでにゲーム内時間で一週間分書き終えた感じです。
毎作そうなんですが、イントロ部分ってのは文字通り導入的、説明的な内容になるので、どうしても長めになってしまうんですよね。
これらのテキストをゲームに実装する段階で、イントロ部を推敲したりすることはありますが、基本的にはすでに書き上がり、製品版にほぼ準じる内容だと思います。
まだエロシーンはありません。

うちの作品としてはヒロイン数最多ではないかと思います。
偽者と本物、そして代役を別々に数えるか、一緒に数えるかでまた変わってきますが……別々に数えたらヒロイン数最多です。
え?何人かって?
正確な人数は後日公開の予定ですが、概要的なことを書くと……
エロ担当としては、お嬢様系の青髪ロング1人、同級生系(別な学校)の黒髪ショート1人になります。
当然敵女です。当然ですね……

悪ヒロ対正ヒロの発売後に、「正規のヒロインの印象が薄い」という感想を抱いていて、今回はその辺を意識したシナリオ作りを心がけています。

体験版は秋頃かなあ……(ハイライトオフ目

明日、またブログを更新する予定です。
記事の内容は全くの雑談です。
よろしかったらまた明日もおいで下さい。

キラやば~っ☆(2)

偽ヒロ対代ヒロのイントロ部分、まだ終わってません。
まもなく最後の山に差し掛かるところなんですが・・・
週明けまでには書き上がると思います。
それが終わったら、続けてイベント部分のテキストを書いていくつもりです。
来月一杯はイベントのテキストを中心に進めることになりそう。

先ほどゲソ通を配信しました。
偽ヒロ対代ヒロのざっくりとしたストーリーについて書きましたので、気になる方はご一読頂ければ幸いです。

イントロ書き終わったところでまたブログを更新します!

キラやば~っ☆(1)

シュ・・・じゃなくて、偽ヒロ対代ヒロのイントロ部分を書いています。
結構長尺ですが、半分くらいまで行った気がします。
今回は複数のヒロインが登場しますが、書く方としてはさほど無理せず、ヒロインたちを紹介していけそうです。
当然読み手から見ても分かりやすい内容のイントロを目指しています。
木曜日にはイントロ部分はほぼ終わる見込みです。

ヒロインのうち何人かのビジュアルは4月末~5月頭くらいのタイミングで公開したいと思います。
ソンム製作所のホームページは1月半ばのシュガーSの発売から投げっぱなしになっていますが、そのタイミングで新しい内容に更新します。

あと現在、DLsiteさんでアカウントを新規登録すると500円割引クーポンがもらえるようです。

まだDLsiteさんに登録されていない方は、是非登録して頂いてうちの作品をお買い上げください!!
うちの作品ならどれでもほぼ50%OFF(-500円)で買えますぞ!
・・・何か制限があって買えなかったらすいません。(自分では確認できないので

ペニバン刑事第一部(3)

偽ヒロ対代ヒロのイントロ部分のシナリオを書いています。
プロットとか展開ではなく、実際のゲームで表示するテキストを書いています。
出だしの重要な箇所が終わり、イントロ全体としては3割くらい書けたかなという印象です。
最初の部分こそなんだかスニーカ○文庫みたいですが、話が進むとしっかりいつものやつになりますのでご安心ください。

今回はかなりノベルゲー要素が強いです。
今のところ、まとまった情報としてはゴールデンウィークの前あたりの公開を見込んでいます。
どこまで、何を公開するかは確定していませんが、少しでも多くの情報を公開できるように製作を進めていきます。

新規シナリオを書くのは久々なので、楽しみながら書いています。
今回もあらすじに書きにくい話だなあと思っています。
毎度毎度、自分のゲームのあらすじを書くのは悩みますね。
要約する能力が欠けているのか・・・

また週末くらいにブログを更新する予定です。

ペニバン刑事第一部(2)

シュガーSの進捗・・・ではなく、新作の偽ヒロ対代ヒロの進捗ですが、ゲーム全体の大まかな流れについて4割くらいできたところです。
週明けには、細かいイベントを除けば大体の流れやイベントの構成は結構固まるんじゃないかと思います。
ゲームの流れやイベントが決まっていけば、後はシナリオを書いていけるので、慌てず焦らず腰を落ち着けて内容を揉みたいと思っています。

本作品の正規ヒロインとしては、お嬢様キャラと同級生が登場します。
ストーリーの雰囲気的には、悪ヒロ対正ヒロをベースに淫姫対学生を足して2で割った感じでしょうか・・・
特に意識して作風を変えるとかは(有り得)ないので、だいたいいつものやつということでご理解頂ければよろしいかと思います。

戦闘シーンは、淫姫みたいに敵女側が絶対勝つタイプになりそうです。
ターン制でできるだけシンプルなお触り(負け)バトルにしたいと思っています。

ペニバン刑事第一部(1)

FANZA(旧DMM)さんで、ソンム製作所の過去作が20%OFFで手に入ります。
セール期間がいつまでかは不明ですが、これを期にお手にとって頂ければ幸いです。

さて、偽ヒロ対代ヒロについてです。
今週前半はプログラムのほうを少し書いていたのですが、昨日からは気分転換で展開(プロット)の制作を進めています。
序盤がまもなく終わり、物語が本番に突入するところですね。
シナリオを書いているわけではなく、場面展開を書いてみます。

ところで、「そもそも『偽ヒロ対代ヒロ』ってなによ?」という方も多くいらっしゃるかと思いますので、基本的な事柄を書いていきます。

Q.1 舞台は?世界設定は悪ヒロ対正ヒロと同じ?
A.1 違います。全くの新規作品になります。登場人物も別です。

Q.2 学園モノ?
A.2 学園モノです。

Q.3 サキュバス?
A.3 はい。

Q.4 変身ヒロイン?
A.4 はい。

Q.5 ゲームの形式は?
A.5 基本的には悪ヒロ対正ヒロ準拠のビジュアルノベル形式ですが、エロバトル等システム面は別になると思います。

Q.6 ヒロインの人数は?
A.6 人数は数え方によります。エロがあるのは2人です。

Q.7 触れる?
A.7 触れるターン制バトルにしたいです・・・

こんなところでしょうか。
ヒロインの絵は(北東北の)春頃に公開の予定です。