B.F.エロゲーはeSportsなのか?(2)

偽ヒロ対代ヒロの戦闘立ち絵の仕様を書き始めました。
週末くらいまでかかると思います。
アルファ版の動作確認・調整は41.6%です。
動作確認作業のほうは今週はあまり進んでません。
今はスケジュール上、戦闘立ち絵の仕様制作を優先させねばなりませんので・・・

悪ヒロ対正ヒロのときは主人公と味方ヒロインは別の場所にいて、一緒に戦うという感じは弱めでした。
一方、本作では戦闘時、主人公と味方ヒロインが常に同じ場所で戦うという状況になっています。
戦う変身ヒロインと男子学生の主人公がどうやって一緒に戦うのかというと・・・?
設定、ストーリーともに楽しみにして頂ければ幸いです。
悪ヒロ以上にヒロインと主人公の関係を強めに書ければと思っています。
ヒロインにとって主人公が重要な存在ということなんですが・・・
敵女の誘惑に主人公が負けてしまったらどうなるか?
ってところがポイントですね。

ゲソ通は20日頃配信の予定です。

B.F.エロゲーはeSportsなのか?(1)

偽ヒロ対代ヒロの動作確認・調整、現在40%です。
今週は2日ほど調子を崩してこの進捗なので、許して下さい・・・
あと動作確認・調整が100%になっても、その他部分の作り込みが少しあるので、すぐ公開とはなりません。
予めご了承下さい。進捗のパーセンテージはあくまで参考ということで。

最近気付いたのですが、3月もすでに半ばなんですね。
そろそろ戦闘立ち絵の仕様も書き上げないといけません。
エロ戦闘じゃなくて、真面目な戦闘用の立ち絵です。
戦う変身ヒロインものなので・・・
とはいえ、極端なリョナとか服ビリはないです。
エロゲーとしてのテーマは
「主人公が敵女とアッハンしたせいで仲間が苦しむ」
というところに狙いをさだめているつもりですが、力点は前半のアッハンのほうであって、苦しむほうではないんですよね。
まあ、晩飯で例えるとしたら「仲間が苦しむ」の重さは『ごはんですよ』くらいでしょうか。
うーん、これがないと始まらないんだよなあ(実は重い
間違ってもヒロイン陵辱モノではないですからね。
某Triangleさんとは正反対の方向性だと思います。

肝心のエロシーンは予定を前倒しして4月、5月頃から制作に入ります。
ライターさんの体調が良さげな時期に、少し集中的に書いてもらいます。
で、今回のライターさんは誰なの?
えっ?
俺?
あっ、そう・・・

マケドナルドのハッピー敗北セット(2)

偽ヒロ対代ヒロのアルファ版、現在の進捗は26%です。
昨日は変身の処理で少し手間取りました。
今晩、そして明日の晩くらいで30%までいけると思います。
今は毎日作業できる状況なので、コツコツと作業を進めていきます……
くんかくんか
それから、年寄りの家族がいる者として、今回の新型コロナウイルスについては日々情報収集をしています。
私の一番のお勧めはCNNです。
具体的にはCNNのLive Updateのページですね。本日2/28のLive Updateはこちら。
情報の密度が高く、市民1人がどう対応していけばいいか手掛かりを得ることができます。
情報の密度も質も非常に高いと思います。
1月下旬からの新型コロナウイルスの情報源としては、CNNを頼りにしています。
一時期BBCも見ていましたが、どうも危機感がなくて読むのをやめました。
また、ウイルスの詳細を知りたい方はCDCのここが役立つと思います。
こちらは随時更新なので、新しい報告が出るたびに新情報が掲載される感じだと思います。
その他、Johns Hopkins大学の感染者数マップもチェックしています。
国内メディアのニュースは、寝る前にGoogleニュースとYahoo!を軽く見るくらいですかね……
参考にして頂ければ幸いです!

マケドナルドのハッピー敗北セット(1)

偽ヒロ対代ヒロのアルファ版の動作確認・調整は、現在20%です。
2月中の公開は無理です。申し訳ありません・・・
(北東北の)春頃には公開できるよう準備を進めて参ります。

それとオッパイエンパイアさんのDLsiteブログがCi-enのほうに移行になるようです。
オッパイエンパイアさんの作品はところどころに娼婦・風俗嬢シチュがあって、ありがたいというか貴重な作品があります。
具体的には淫魔の夜想曲シリーズですね・・・ありがたい・・・
またお願いします・・・(謎

それから玉藻スタジオさんが活動を再開されているのは皆様ご存知でしょうか。
https://tamamo.xii.jp/
ブログのほうをみると
「魔法少女が主人公の普通のRPGにエッチな戦闘を足したようなものになります。なる予定です。」
とのことです。
女主人公のBF戦闘になるのかな?
今後情報が開示されていくと思いますので、興味がある方はチェックしてみてください。

どちらのサークルさんも、私が淫姫対学生を作る前から活動されている老舗のサークルさんなので、活動を続けられていることを知って私も刺激を受けています。
ビビビビビ(刺激音

ブラックタイツ団(3)

クンカクンカ
アルファ版の動作確認と調整作業、まもなく6分の1が終わるところです。
木曜日には6分の1を超えたあたりまでいけると思います。
結構量があるんですよね・・・原稿の・・・
次回あたりから行数を数えて、進捗を%表示にするかもしれません。
それが終わっても、タイトル画面とかオプション画面とか、細々とした修正箇所は残りますけどね。

ブラックタイツ団(2)

アルファ版の動作確認をしながら、テキスト・演出の調整を進めています。
現在ゲーム内の3日目です。
日によってボリュームがかなり差があります。とりあえず最初の数日はスイスイですね。
変身コスチュームについては全く画像を公開してないんですが、このアルファ版をやっていくと普通に変身コス姿が出てきます。
その辺の画像については、アルファ版を公開した後に製品紹介ページで一般公開していくことになると思います。
なので、一足先に偽ヒロ対代ヒロのあらすじやビジュアルを確認したいという方には、是非近日公開予定のこのアルファ版をプレイして頂ければ幸いです。

ブラックタイツ団(1)

偽ヒロのアルファ版、立ち絵関係は今晩で終わりそうです。
結構時間がかかりました・・・
各ヒロインごとに複数のズーム率を用意し、なおかつ服装ごとそれを実装していくという内容なので、地味でしかも延々と続く作業をやっておりました。
まもなく終わりですけどね。

明日からはゲームを実際に動かして調整をしていきます。
メニュー画面とかタイトル画面とかの作り込みなんかも今後あるんですが、その辺を簡単に済ませて2月中に公開したいところです。
特段難しい内容もないので、十分いけるのではないかと思っています。

製品紹介のページの制作は後手にまわりそうな気がしています。
まあでも、実際に遊べるコンテンツ(アルファ版)のほうが優先度高いですよね。

ブラックマケマケ団対パンスト団(3)

立ち絵のタグ入れと原稿の修正が一通り終わりました。
今は実際の立ち絵の画像を切り出しているところです。
2割くらい終わりました。
週末までこの作業が続くと思います。
それが終わったら、アルファ版の動作確認と同時に演出関係の処理を実装していきます。
2月半ばにはアルファ版を公開できそうな気配です。
今晩も作業を進めます。頑張るぞ。

ブラックマケマケ団対パンスト団(2)

偽ヒロ対代ヒロの立ち絵タグ入れと原稿直し、ようやく今日明日中で終わりそうです。
スクショを撮りたくて、サービスシーン部分に立ち絵を入れてみました。
おっぱい
一応年齢制限的なものを考慮してモザイクを入れていますが、実際のゲーム中ではモザイクはありません。(このシーンに関しては
上の場面はアルファ版に含まれていますので、アルファ版を最後までプレイすればモザイクなしの一糸まとわぬ姿を見ることができます……
これがどんなシーンかとか序章のあらすじなんかは、伏せておきたいと思います。
アルファ版は来月中に一般公開する予定ですので、お楽しみに!

ブラックマケマケ団対パンスト団(1)

本日配信のゲソ通で書いたのですが、先週末から今週頭にかけてかなり体調を崩してしまいました。
私の体調管理が悪かったわけではないです。気圧の変化が悪いんです。
気候が悪い……

さて、ゲソ通ではアルファ版について色々書いたので、こちらでは別な話題を書いていこうと思います。
『偽ヒロ対代ヒロ』はご存知のとおり変身ヒロインが登場する作品です。
変身します……
当然変身コスチュームがあります。
2種類、見た目の違う衣装が登場します。
味方側ヒロインに化けた偽物敵女が、それらのコスチュームを着て主人公を誘惑するというエロシーンを考えています。
コスチュームのうち1種類については、アルファ版に収録された序章の範囲内で出てきます。
あと、今後作っていくエロシーンについてですが、各シーンごとで変身コスチュームとそれ以外の衣装を選べるようにするつもりです。
最初は衣装固定ですが、敵女とあっはんうっふんするに従い、主人公にとって嬉しいことに選択の自由が出てくるような……そんな展開になりそうです。

ただし、そこまで敵女に尻尾を振ってしまうと、肝心の正規ヒロインであるリーナが(削除

本編第一部のストーリーについてはすでに半分書き上げていて、「誘惑なんかに負けない!!(キリッ」選択もしっかり作ってあります。
ですので、正規ヒロイン達の笑顔を守りたいプレイヤーさんは、ニチアサキッズタイムに地上波にのせても支障のないような健全展開(嘘)に進むこともできます。
まあそれだと、エロいCGは見られないですけどね。

ゲームの作風としては全体的にビジュアルノベルの延長線上のものを考えています。
値段も700円台になる予定ですし、手に取りやすい、プレイしやすい作品にしたいですね。