勝利縛りのバトルファック(3)

アルファ版の立ち絵のタグ入れはもう数日掛かりそうです。
ストーリー的には、序章の起承転結のうちの転が終わったところですね。
今のところの見込みとしては

立ち絵タグ入れ 数日
立ち絵加工   数日
演出実装+動作テスト 10日程度
アルファ版仕上げ作業 数日

という感じで、アルファ版の作業はほぼ今月中に終わると思います。
アルファ版の作業が終わり次第、ホームページで一般公開します。
あと、アルファ版は体験版ではありません。
エロなし・戦闘なしの、本編までの流れを知るためのビジュアルノベルになります。
後日公開予定の体験版にはエロ・戦闘を入れて、より本編を理解できるような中身にしたいと思っています。

立ち絵タグ入れが終わったら、またブログを更新します。

勝利縛りのバトルファック(2)

偽ヒロの立ち絵のタグ入れ作業を続けています。
来週半ばくらいにはタグ入れが終わり、実際の立ち絵実装の作業に入れると思います。
それが終わったら、実際にこのアルファ版を動かしながらの調整を進めていきます。
調整が終わったら、とりあえずアルファ版のバージョン1としてリリースしたいと思います。
タイトル画面も音楽もないですが、ゲーム本編に至るまでのシナリオは楽しめると思います。
全くのビジュアルノベルです。
エロシーンも戦闘もありません。
ただしヒロイン達とのキャッキャウフフっぽい展開はあります。

シュガーS対Mレッドの発売からそろそろ丸一年なので、新しいネタが早く欲しいところです・・・

あと、昨年12月をほぼ丸々使った部屋改修工事のおかげで、体調はかなりいい状態を維持できています。
この状態が基本になっていくと、ゲーム制作の効率は確実に上がりますね。
いいぞ!

マケドナルドの敗北セット

あけましておめでとうございます。
2020年もソンム製作所を宜しくお願い致します。

今年は本サークルとしては『偽ヒロ対代ヒロ』の年にしていきたいと思っています。
やることは明確です。
『偽ヒロ対代ヒロ』の序章+第一部と第二部の制作、発売です。
今年の作業時間のほとんどはこれらに費やしていくことになると思います。
あとは、時間があればそのあとの作品の下準備ですね。

それと、Ci-enについてです。
昨年の活動内容のなかで良かったこととしてCi-enを始めたことが挙げられます。
言ってみればftmmサーバーのミラーサイトのような扱いなんですが、たくさん『いいね』ボタンを押してもらえて、私としても励みになっています。
いつも応援してくださっている皆さん!ありがとうございます!
うーん、今年も頑張るぞ。
Ci-enについては思いのほかたくさんの方に見ていただいており、もっと力を入れたほうがいいかなと感じています。
ただ有料プランを準備する余裕がないので、今年も有料プランを始める予定はありません。(多分来年もないと思います)
あと、Ci-enのサイト構成が結構シンプルなので、作風というか方向性をプロフィール欄に入れたらいいかなと思っています。
どの時点で手をつけるか不明ですが、近日中にまともなプロフィール欄にしたいです。
あわせて、ソンム製作所の公式サイトのほうも最終更新がだいぶ前なので、この辺も更新していきたいですね。
SSなんかも書いて掲載すればいいんでしょうが、さすがにそこまで手はまわらないので・・・勘弁して下さい。
公式サイトに関しては、近日中に『偽ヒロ対代ヒロ』の製品紹介を書く、これが最優先ですね。

とにもかくにも、今年は偽ヒロに集中して制作を進めていきます。
1月は偽ヒロのアルファ版を公開して、一年のスタートを気持ち良く切れるように進めていきたいと思います。

それでは改めまして、今年もソンム製作所を宜しくお願い致します。

2019年を振り返って

2011年の夏に同人ゲームサークルを始めて以来、毎年毎年希望のスケジュールでは進められず悶絶してきましたが、今年は特に辛い1年でした。
体調や家庭の面でよくないイベントが続き、ゲーム制作は過去に例を見ないほどに滞りました。
ゲーム制作が滞ったということは、当然私生活でも余裕はあまりないわけでして落ち着きませんでした。
2019年の月ごとのイベントや活動内容を振り返っていくと、以下のようになります。

1月 シュガーS対Mレッドを発売。その後は休養。
2月 偽ヒロ対代ヒロの企画整理
3月 シナリオ執筆(導入)
4月 シナリオ執筆(導入)
5月 シナリオ執筆(導入)、立ち絵仕様検討(若葉)
6月 シナリオ執筆(導入)、中旬に家族が骨折
7月 家族の世話、部屋工事の仕様検討
8月 家族の世話、部屋工事の見積もり徴収、発注仕様検討
9月 家族の世話、シナリオ執筆(本編)、中旬に持病発症
10月 シナリオ執筆(本編)
11月 ゲームファイル作り込み(導入)
12月 部屋の工事

まともに集中して作業できたのは、2~5月、10月~11月の6ヶ月間です。
今月なんかは部屋の工事の前準備と後片付けで、かなり限られた時間しか作業出来ていません。
そして2~5月の進捗も自分としては全くイマイチでした。
疲労感があり集中力も出ず、進み具合は遅めでした。
今にして思えば、9月に持病が発症する前触れだったのかもしれません。
全く踏んだり蹴ったりの1年でした。
ですが、9月にポコっと石が体外に出たことと、今月部屋の断熱・遮音工事が終わったことで、体調的には上がり調子になっていると思います。
思いますというか、実際に調子はかなりいいですね。
大晦日の夜に、今年の振り返り記事を書けるくらい調子がいいです。
これなら1月中にアルファ版を完成させられるのではと結構前向きになっています。
暗い年もあれば明るい年もあるさ・・・
来年も頑張ります!

それから『淫姫対学生』のレビューを投稿して下さったウェイドさん、ありがとうございます!
私が書くより遥かにわかりやすい作品解説になっていますね。
素晴らしいです!
作品そのものも楽しんで頂けたなら幸いです。

それでは、今年も残すところあと僅かとなりましたが、皆様良いお年をお迎え下さい。
来年もソンム製作所を宜しくお願い致します!

勝利縛りのバトルファック(1)

全国的に年末年始シーズンに入りつつありますが、ソンム製作所は淡々といつもどおりの営業を続けています。
季節感のなさについては、同人色仕掛け界隈で随一だと自負しております。

ここ数日立ち絵のタグ入れ作業を進めていて、アルファ版のうちすでに7割くらいに立ち絵呼び出しのタグが入りました。
立ち絵そのものは年明けに切り抜き作業をしていきます。
まあ、アルファ版というか序章なんですよね。
戦闘もなくエロもなく、主人公がどうヒロイン達と繋がっていくかということについて描かれた部分になります。
イントロとか導入部と呼ぶよりも、長さを考えると序章としたほうが適切かなと思うようになりました。
ゲームが完成すれば『序章+第一章』となり、その続編は『第二章』という扱いになります。
実際そのとおりの名前で売り出すかどうかは別として、内容的にそうだということです。
どこかで書いたかもしれませんが、第一章と第二章は話が一旦切れています。
完全切れてるわけではないですが、『序章+第一章』だけでも十分に楽しめると思います。
(当然序章を丸々スキップする機能もつけます)

さて、今回の偽ヒロ対代ヒロでCGを担当されている鈴輝桜さんですが、コミケ2日目で新刊を売られるようです。
グラブルマギサ本
詳細は鈴輝さんのツイッターをチェックしてみてください。
明らかなおねショタ!やったぜ!
FA○ZAさんだと伏せ字にさせるぜ!

そしてもう一つお知らせがあります。
JKロボ対会社員でお世話になった、声優の森野めぐむさんがCi-enのページを開設されました。
おととい開設されたばかりですが、すでにラジオがアップロードされています。
今後も他では聞けないコンテンツが出てきそうで、楽しみですね。
うちと違ってコメントが付けられるぞ!みんなで応援しようぜ!

年内にもう一回くらい更新しようと思っています。

敗北負けというパワーワード(3)

おかげさまで、部屋の工事は残件含めて無事終了しました。
荷物の搬入も大きなもの・重要なものは終わり、ようやくゲームを制作できる状態に戻りました。
まだ運ぶべきダンボールが10個ほどありますが、急いで移動させるものではないので、少しずつゴミを処分しながら整理していきます。
肝心のゲーム制作のほうは、今週はエロCG関係を少し触った程度でテキスト周りは進んでいません。
週明けから頑張っていきます!
でも年内のサンプル版公開は厳しそうな気配です。
今年の秋口の予定では、少しずつ話を足してはアップロードし、バージョンアップを繰り返しながら公開していくということを考えていたのですが、最初の一発から結構なボリュームを入れるという方針に変更しました。
あまり細かく刻んでバージョンアップを繰り返しても、却って作業量増えるだけですからね・・・

ゲソ通は月~火のあたりで配信します。内容は2020年以降の大まかなスケジュールを書こうかと思っています。

それと・・・11/9から12/10にかけて投票して頂いた『色仕掛けが通用するのは何歳から?』アンケートについてです。
数々のサトシ
66人の方が投票して下さいました!
お忙しいなか参加頂き、ありがとうございました。
そして講評が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

ぶっちゃけた話、おねえさんとちょい年下君っていうのは、自分にとって心を動かされるテーマになって来ています。
おねショタっていうほどではないんですが、いくらか年齢差があるのはいいのなあと思っています。
旅の仲間対勇者の卵くらいの年齢差のある作品は、まだまだ作ってみたいですね。

今回のアンケートのなかでは具体的に年齢を入れてみましたが、これらの項目をしばらく眺めているうちに、実は年齢ごとに誘惑の要素が異なっているのではないかと思うようになりました。
色仕掛けが効くかどうかは、男のほうで二次性徴が始まっているかどうかに掛かっていると思います。
となると、早ければ10歳、平均値で11歳くらいでしょうか。
しかしそれ以前であっても、創作作品のなかでということを考えると、色仕掛け的なものを活かせそうな気配があります。

胎児~乳児  ・・・洗脳(催眠など)
年齢が特に低い・・・母性仕掛け
年齢が低い  ・・・おねえさん仕掛け

という感じで、いわゆる「性の目覚め」を通過する前であっても、こういった技を掛けられることで男側は屈してしまいそうです。
ただこれらは純粋な色仕掛けではないので、アンケートを終わった後に考えてみれば、ちょっとジャンルが違っていたのかなという気がしています。
それでも作品のテーマとしては面白そうです。誰か作って下さい。

二次性徴が始まってどれくらいで異性を意識し始めるかは、結構個人差があるのかもしれません。
「13歳以降だろ」を選ばれた方が多いのは、おそらく(他の項目を選ばれた方同様)実体験を参考にされていると思います。
つまり、二次性徴が始まっても異性を強く意識するようになるまで、結構遅れがあるということなんでしょうか。
『色仕掛けが通用するのは何歳から?』というタイトルでアンケートを作りましたが、実際はかなり個人差があるんでしょうね。
私は10~11歳に集中するだろうと思っていたのですが、実際には13歳以降が最多でした。
あと、7~8歳に票を入れて下さった方は、色仕掛けというより母性仕掛けを想定されたのかもしれません。
票の分布を見ると、

7~8歳   28%
10~11歳 29%
12歳~  38%

つまり、10歳以上になると67%のサトシがおとなのおねえさんに勝てないということです。
ところで実物のサトシの設定年齢は10歳ですので、色仕掛けの効く確率は13%です。
全然ダメですね。大変残念な結果です。
95%のサトシどころか13%のサトシしかおとなのおねえさんに負けません。
現実には夢がねえな(絶望顔

部屋の工事(続報)

あと1日分の作業で部屋の工事が完了します。
工事が終わり次第、家財道具やダンボールを部屋に運び込んで、製作環境を復旧させます。
来週半ばには、断熱・遮音が格段によくなった部屋でゲーム製作を再開できると思います。
もっとも、ここ一週間ゲーム製作を完全に中断していたわけではなく、原稿を直したり立ち絵の仮の差し込み作業なんかを進めていました。(あまり集中はできませんでしたが)
年内にサンプル版(体験版未満)を公開するという目標は変わっていません。
頑張ります・・・!

『色仕掛けが通用するのは何歳から?アンケート』のほう、参加して下さった皆様、ありがとうございました!
66名の精鋭の方が投票してくださいました。
ありがたや・・・
結果については来週後半に記事を書くつもりです!

部屋の工事をします。

今年4/12のブログでお伝えしていた『部屋の工事』の日程が決まりました。
今月中旬に始まり、中旬後半で工事は終わる見込みです。(いわゆるリフォーム工事です)
工事開始まであと一週間のため、今は急いで部屋の荷物をまとめて、他の部屋に引っ越しする準備を進めています。
工事前と工事後に、それぞれ別の部屋への引っ越し、別の部屋からの引っ越しが入るため、ゲーム製作が一時的にストップしてしまいます。
今も部屋の荷物を延々とダンボールに詰めている最中です。(おかげで部屋が狭すぎる!)
遅くとも今月下旬には、工事を終えたこの部屋に戻り、いつもどおりの作業ペースでゲーム作りを進められると思います。
また、別の部屋への引っ越しが完了したあたりでブログを更新したいと思います。

それから、旅の仲間悪ヒロ淫姫のレビューを書いて下さった kenkichi582さん、ありがとうございます。
旅の仲間のエンディングは、攻略情報のテキストがゲームフォルダ内にありますので、まだご覧になっていないようでしたら、説明書とこの攻略情報のテキストを併せて読んで頂くとエンディング回収の糸口がつかめるのではないかと思います。
戦闘のコツはフェチ度を全部下げておくことですね・・・
悪ヒロについては、申し訳ないです、多人数プレイは自分の好みから外れるため、今後の作品でも多人数はないと思います。
自分の好きなシチュに絞って作っていく方針なので、大変申し訳ないです・・・

あと、『色仕掛けが通用するのは何歳から?』投票の期限が残り一週間となっています。
まだ投票されていない方は、この機会に是非投票をご検討下さい!
精鋭部隊の皆様のご投票をお待ちしております!
精通は思いの外早く来るぞ!気をつけろ!!

敗北負けというパワーワード(2)

まだまだ制作途上ですが、偽ヒロ対代ヒロのスクリーンショットを3点公開したいと思います。
若葉とリミ1
若葉とリミ2
若葉
真ん中の人物が『若葉』、右側が『リミ』になります。
上から順番に見て頂くと立ち絵のサイズと距離感がお分かり頂けるかと思います。
こうしてスクショだけ見ていくと、なんだか若葉が変身して敵をなぎ倒していく作品のような印象を抱かれるかもしれませんが、違います。
年内に公開予定のサンプル版では、このスクショのあたりまでは十分収録できると思いますのでお楽しみに。

このスクショの可愛いヒロイン達を描いて下さっているのは、お姉さんと太ももが大好きのサークル蒼桜の鈴輝桜さんです。
結構な数のサキュバスCG集を発売されているので、是非チェックしてみて下さい!
年上がいっぱいだぞ!

それから、来月中頃に私の作業部屋の工事をやることになりそうです。
工事の前後で部屋の荷物の運び出しがあるので、ゲーム制作が少しストップするかもしれません。
また、工事が近くなってきたら再度お知らせしたいと思います。

ブログの更新がまた空き始めているので、頻繁に更新するように努力します・・・

敗北負けというパワーワード(1)

週明けから調子を崩してしまい、まだ絶不調の最中です。
風邪を引いたのか、非常に具合が悪い・・・
昨日は雪もパラついてたしな・・・

火曜日は全く行動不能でしたが、昨日は少しゲーム制作の作業を進めて、若葉が登場するシーンまで進みました。
次の更新でリミと若葉のスクショを出せるかもしれません。

ゲソ通はなんとか週内に配信したいと思います。