マイティジャック対マイティボ○ジャック(2)

今週は半ば以降どうも体調が優れず、制作の進捗はイマイチでした。
それでも、来月の終わりごろにはストーリー周りのテキストはほぼ仕上がるのではないかと思っています。

二週間後の4/25、26のあたりでホームページの更新を予定しています。
大きな更新点としては、
・偽ヒロ対代ヒロのヒロインの絵の追加
・SS過去作のコーナーの追加
といったところです。
SSについては、今のところ更新履歴のリンクを辿ってしか見られないので、この辺を直して、正規にSSコーナーを新設するつもりです。

今月末から来月上旬にかけて(暦の上では)10連休がありますが、ソンム製作所的には特に変わったことはなく、平常通りの営業になります。
急に仕事が進むわけでも、急にサボるわけでもなく、いつもと同じ進捗具合になります。
特段企画などもありません。

むしろ大きいのは、今年後半、私の部屋の工事があることです。
この工事の前後で軽い引っ越しをしなければならず、制作が少しストップすることになります。
部屋にあるものを全部移動させて、部屋を空にしなくてはならないので・・・
これはもう決定事項で、部屋の工事は今年後半必ずあります。
まあ、仕方ないですね・・・

マイティジャック対マイティボ○ジャック(1)

偽ヒロ対代ヒロのシナリオテキスト、まもなく10日目が終わるところです。
テキスト量で5万字超えてる感じです。
エロに関してはほぼありません。
なのでゲームとして作るときは、この辺スパッとスキップできるようにします。
ストーリーを読みたい人はどうぞ的な扱いですね。

そんな文字数を使って何を書いてるんだって話になるんですが、基本的には正規ヒロインたちと主人公の関係ということになると思います。
毎回正規ヒロインの描写がタンパクなのもどうかというのもあって、今回は頑張っているつもりです。
もちろん、正規ヒロインそれぞれに服装差分ありの立ち絵があります。
鈴輝桜さんには、目に入れても痛くないくらい美人のヒロインたちを描いてもらっています。
皆さんの期待を裏切らない出来だと思います!
今月末実際の絵を公開していきますので、お楽しみに!

鈴輝桜さんにはうちの過去作のCGを度々担当して頂いていますが、御自身でもサークル『蒼桜』を運営されており、先月CG集詰め合わせ『サキュバス・男性受け CG集まとめパック』を発売されています。

収録作品は5タイトル、差分を含めたCG枚数は総計1800枚ということで、かなりのボリュームです。
1タイトルあたり300円ちょっとで購入できることになるので、是非チェックしてみて下さい。

あと、話は戻って自分のゲームの字数についてなんですが……
特段売り文句には書いてないのですが、シュガーS対Mレッドも結構字数があります。
確かラノベ数冊分くらいの字数はあったような気が?
違ってたらすみません(適当

キラやば~っ☆(3)

偽ヒロ対代ヒロのイントロ部が書き終わり、序盤イベントのシナリオに入りました。
イントロ部分とあわせると、すでにゲーム内時間で一週間分書き終えた感じです。
毎作そうなんですが、イントロ部分ってのは文字通り導入的、説明的な内容になるので、どうしても長めになってしまうんですよね。
これらのテキストをゲームに実装する段階で、イントロ部を推敲したりすることはありますが、基本的にはすでに書き上がり、製品版にほぼ準じる内容だと思います。
まだエロシーンはありません。

うちの作品としてはヒロイン数最多ではないかと思います。
偽者と本物、そして代役を別々に数えるか、一緒に数えるかでまた変わってきますが……別々に数えたらヒロイン数最多です。
え?何人かって?
正確な人数は後日公開の予定ですが、概要的なことを書くと……
エロ担当としては、お嬢様系の青髪ロング1人、同級生系(別な学校)の黒髪ショート1人になります。
当然敵女です。当然ですね……

悪ヒロ対正ヒロの発売後に、「正規のヒロインの印象が薄い」という感想を抱いていて、今回はその辺を意識したシナリオ作りを心がけています。

体験版は秋頃かなあ……(ハイライトオフ目

明日、またブログを更新する予定です。
記事の内容は全くの雑談です。
よろしかったらまた明日もおいで下さい。

偽ヒロ対代ヒロの原画・彩色担当様について

『シュガーS対Mレッド』の製作の裏で、次々回『偽ヒロ対代ヒロ』(以下偽ヒロ)の準備を着々と進めています。
偽ヒロの発売自体は100%来年以降なのですが、現在立ち絵が出来始めている段階ですので、この折に原画・彩色担当様を告知したいと思います。

担当される方はどなたかというと……

悪ヒロと姫人形のCGを担当してくださった鈴輝桜様です。
太ももだ!
やったぜ!!!

シナリオ的には悪ヒロと直接の繋がりはありませんが、「主人公が悪いヒロインの誘惑に負けたせいで正義のヒロインが苦戦する」という路線は完全に踏襲する予定です。
正義のヒロインに関しては、それはもう裏切るのが辛い子を描いて頂いていますので、敵の誘惑に負けたときの背徳感はかなりあるのではないかと思います。

シュガーSは悪の女幹部モノの要素が強い作品ですが、偽ヒロについては変身ヒロインモノの要素が強いシナリオになり、複数ヒロインになります。
悪ヒロが良かったいう人には絶対楽しんでもらえると思います……
というか、絶対に楽しんで頂けるものを作りたいと思います!
絵に負けないシナリオを書かねば……

イベント絵や詳しい情報が出てくるのはシュガーSの発売後か、あるいは来年春近くになるかもしれませんが、製作は着実に進んでいるということを気に留めておいて頂けるとありがたいところです。

ところで、代ヒロって何?
クロネコヤマトに玄関口でお金渡すやつ?
それとも、代ゼミに通ってる予備校生の女の子?
といったタイトルにまつわる謎も、解明されるのはもう少し先になります。
(謎どころか以前のブログかゲソ通で普通に説明してるかもしれませんが……)