レズの魔法使い(4)

4/27~4/29の3日間、制作をストップして休んでいました。
本日から制作再開し、休み前に実装した283/415のシーンの動作確認と調整を行っています。
ちなみにこのシーンは色仕掛けシーンです。
テストプレイしてみて台詞に物足りなさを感じて、原稿を書き足したりしています。
明日中にはこの作業が終わり、次のシーンに進めると思います。

GW期間中はソンム製作所としては特にイベントはありません。
粛々とゲーム制作を進めていくつもりです。
通常通りの制作ペースでいこうと思っています。

レズの魔法使い(3)

シュガーSのイベント実装作業は269/415に入ったところです。
今週末は少し面倒なイベント処理を作っていました。
どんなイベント処理かというと、お金を稼ぐためのイベントです。
すでに体験版等をプレイされた方はご存知かと思いますが、イメクラ嬢とのエッチは有料のため、何度も遊ぶとお金が減っていってしまいます。
しかも、主人公のMagパワーを大量に回復させるには、これまたお金が必要になってきます。
そこで、何らかの手段でお金を稼ぐ必要が出てくるのですが……
ゲーム内には、まっとうにお金を稼ぐ方法と、まっとうでなくお金を稼ぐ方法があります。
もちろん効率的には、後者のほうが桁違いにいいのですが、道徳的に問題があります。
その、後者のイベント処理を今週末は作っていたわけです。
ザックザックと稼いでイメクラでオキニと遊び放題、でも道徳的には……というシチュを楽しむことができます。
ストーリー的にも既に後半が過ぎ、展開的にも色々とアレな感じになってきています。

レズの魔法使い(2)

シュガーSのストーリーイベントの実装ですが、現在260/411のあたりです。
今週後半くらいで270まで進めるのではないかと思います。

先日『現在の進捗』コーナーで投稿しましたが、シュガーS対Mレッドは税込み価格で1,080円で販売する予定です。
発売時期はまだ決定できない状況ですが、発売予告は5月下旬くらいに出すつもりでいます。
ただ、進捗によっては予告を出すのは少し先送りするかもしれません。
ゲームのプレイ時間に関しては、まだ通しのテストプレイをしていない(完成してないのでできない)ので正確に分かりませんが、開始からエンディングまで掴みで2~3時間いくのではないかと思います。
正確な時間については、テストプレイできる段階になったらご報告したいと思います。
もちろん、プレイ時間はどうあれ、クリア済みセーブデータを配布するつもりですので、ストーリーを追わずとも即回想部屋に直行できるようにする予定です。

それから、前回の記事でもご紹介したとおり、今月に入って過去作の淫姫対学生悪ヒロ対正ヒロについてレビューを頂いています。
投稿して下さった方、ありがとうございます!
実はこの他にさらにコメントも頂いておりまして、今回はその辺についてもご紹介したいと思います。

まず淫姫対学生についてです。
毎回作品作りする上で、ヒロインの『敵度スライダー』と『らぶらぶ度スライダー』という(私の脳内にある)装置を設定して制作を進めるのですが、この作品については敵度は強め、しかもらぶらぶ感強めという、割と普通じゃない作風になっています。
実は自分的にはらぶらぶにし過ぎた反省みたいなのがあって、次の悪ヒロではらぶらぶ感はヒロイン毎に振った感じになっています。
続編希望のコメントも頂いていますが、今までのところ、続編を本気で検討したことはありません。
しかし、同じような敵度、同じようならぶらぶ度で、似た感じのヒロインが登場する作品は検討しています。
この作品については、今年中は無理ですが、来年後半には本格的な検討に入れるのではないかと思います。
また、淫姫対学生の続編については、ある程度うちのラインナップが充実してきたところで作り始める可能性はあります。
今年や来年という直近の年度ではちょっと無理ですが……

悪ヒロ対正ヒロについては、発売直後から音声実装希望や続編希望のコメント等を頂いています。
こちらの作品については、通常の続編というよりも、ヒロインを一人に絞ってスピンオフみたいな感じにすることで作りたいと考えています。
時期的には未定ですが、いずれ音声ありのスピンオフを制作する気でいます。
悪ヒロで今月頂いたレビューには、「好きな要素が込められている」というありがたいお言葉を頂いていますが、ストーリーメインで作った作品だと結構色々な(私の好きな)要素が入ってくるので、現在制作中のシュガーSや次回作の偽ヒロについても色々シチュが詰まった内容になると思います。

最後に、ゲソ通については4月20日の夜に配信することを考えています。
ネタとしては、シュガーS対Mレッドから離れて、少し先の作品づくりに関して書くつもりです。

レズの魔法使い(1)

シュガーSのストーリーイベント実装は、242/407に入ったところです。
これからこの辺の動作確認を進めて、週末は250/407に入れるように進めていくつもりです。

それから、このブログの右側、ブックマークの下に『現在の進捗』というコーナーを設けました。
だいたい毎日、私が何かつぶやきます。
つぶやくといってもツイッターではなくshoutboxという類のもので、ツイッターとの連携とかそんなものはありません。
単に私が書き込んだ情報が表示されるだけの簡易掲示板のようなものです。
無秩序につぶやくのではなく、方針としては、文字通りゲーム制作の進捗、あるいは今やってるゲーム、あるいは思いつき、といった分野に限定して情報を配信していこうと思います。
(RSSチャンネルに登録できるようですが、ブラウザによっては機能しないようです。IEでは正常動作、FireFoxでは機能しませんでした)

最後に過去作についてです。
今月に入って、DLsiteさんで悪ヒロ対正ヒロと淫姫対学生のレビューが一件ずつ増えました。
両作品とも結構前の作品なのですが、今、2017年になってレビューを付けてくださる方がいらっしゃるというのは、とても嬉しいことです。
それぞれのレビューについては、自分としても触れたいところがあるので、後日ブログの記事でご紹介したいと思います。

世界電マ選手権(4)

シュガーSのストーリーイベント実装ですが、現在221/400が終わったところです。
明日中に230/400付近までいけるのではないかと思っています。
今月下旬くらいまでには、ストーリーイベントもある程度終わりが見えてくるかもしれません。

本作品には、物理バトルとエロバトルが実装されていますが、作っている者としては、この組み合わせがなかなか良いのではないかと思います。
本作では順番的に、物理バトル→エロバトルという流れですが、今後の作品では逆にするのもありかなと。
つまり、エロバトルであっはんうっふん絞られたあと、ぶん殴られたり蹴られたりする感じですね。
エロと物理の組み合わせというのが、ポイントだと思います。

世界電マ選手権(3)

シュガーSのイベント実装、202/395まで進みました。
少し要調整のイベントがありますが、体力的に尽きてきたので今週末は休むことにしました。
明日はエイプリルフールの日ですが、ソンム製作所では何の企画も用意してません!

なぜなら、明日は創作活動全般を離れて体を休めるからです。
肩こりが酷いんです……休ませて下さい。

あと、ブログの更新頻度ですが、イベント実装が原稿用紙5ページ分進むごとに記事を投稿しても仕方ないので、基本5日で1回くらいのペースにしたいと思います。
その他、ゲームについてアナウンスしたい事項があった場合は、その都度更新するようにはしますが、イベント実装作業の間は、基本5日に1回くらいにします。
忙しい方は、6月下旬にもう一回来ていただければそれで十分かと思います。

世界電マ選手権(2)

シュガーSのストーリーイベント実装ですが、現在179/388です。
今月中に200台前半までいけるかもしれません。
原稿を書き足しながら進めているのですが、さほどひっかかるところもなく、いい感じの進捗状況ではないかと思います。
イベント処理をたくさん作った分、パーツ単位で流用が効くものが出てきてるので、進めば進むほど、作業の進み具合が速くなるのではないかと期待しています。

ストーリーイベント実装で大変なところは、ひょっとして突破したかも・・・

世界電マ選手権(1)

シュガーSのストーリーイベント実装ですが、現在165/384です。
今日明日中に170/384のあたりまで進むのではないかと思います。

あと、昨日DMMさんでゲソ通を配信しました。
シュガーSについて幾つか情報を書いておきましたので、気になる方は読んでみて下さい。

シュガーS対Mレッド体験版1.00(説明書付き)の公開

こちらからダウンロードできます。

ゲームファイルそのものは以前アップロードしたものと同じです。
異なるのは説明書のみです。
以前アップロードしたものは、戦闘サンプルの説明書をそのまま添付していましたが、今回はかなり加筆修正して、製品版用の説明書を添付しています。
ただプレイする分には説明書の必要性は薄いと思いますが、ああ責めて欲しい、こう責めてほしいと考え始めると、説明書を熟読する必要が出てきます。
ゲーム開始前に全部読もうとすると大変なので、ゲームしながら読んでいくと良いと思います。

体験版については、基本的にはこれで更新終了です。
あとは製品版向けの作業に絞って進めていきます。

フルパワー省電力型電マ(3)

シュガーSのストーリーイベント実装作業ですが、現在150/379が終わったところです。
そんな状況なので、発売予告を出せるのは5月以降だろうと思っています。
去年の秋頃は、春に発売する気満々だったんですけどね。
まだストーリーイベントの実装が半分も終わってない状況なので、春の間に発売するのは不可能です。

今晩から数日かけて体験版・製品版兼用の説明書を書いていきます。
製品版の説明書を作っておくと後々楽なので、ここで完全に仕上げるつもりです。
土曜日には体験版のゲームファイルに添付して、ソンム製作所のHPにアップロードします。
(体験版本体のアップデートはありません)