タイツ敗北(1)

シュガーSのマップですが、7割くらいの枚数ができました。
まだイベントもなく、当たり判定もないただのマップですが……
恐らく次週の頭ぐらいには全マップ揃いそうな気配です。

あと、前回の記事で書いた小説の件ですが、今週末のブログ更新にあわせてアップロードしようと思います。
こちらのブログではなくソンム製作所のHPのほうにアップしますので、作業が終わり次第そちらでアナウンスします。

The Wanderer(2)

シュガーSの進捗ですが……
現在、マップをいくつか作ったところです。
具体的には、アレなことをするお店やその周辺のマップを作ったりしました。

で、今日は進捗以外にご報告があります。
先日『悪のヒロインとエッチしましたが何か問題でも?』という短編小説についての記事を書きましたが、この小説と挿絵が私のHDD内で見つかりました。
テキスト、画像とも当時掲載された分は全てあると思います。
挿絵の掲載許可は頂いておりますので、今後、SSの中にはめ込む感じでホームページのほうにアップしていきます。
一回ですべて掲載するのはちょっと大変そうなので、ちょこちょこ時間を見てアップロードしていくつもりです。
一応年内に全話公開するぐらいのスピード感で進めていきます。

The Wanderer(1)

シュガーSのシナリオが一通り書き上がったので字数を数えてみました。

メインストーリー分のテキストは、自分用の注釈等ゲーム画面に出てこない文も含めて71,938字、ヒロインの台詞は13,393字ということで、ヒロインの台詞で比較すると『旅の仲間対勇者の卵』より若干多めになってます。
あくまで今の段階での字数なので、今後ゲームに実装していく際に増減はあると思います。

もちろん、これらの数字には戦闘シーンの敗北シチュのテキストは含まれていません。
戦闘周りのテキストは1月以降書いていくので、この辺を含めると、ヒロインの台詞のテキストは2倍くらいになると思います。
ゲーム全体のテキスト量は9万字は超えると思います。400字詰めの原稿用紙で考えると何枚分かというと……
まあいいや。皆さんで90000÷400を計算して下さい(丸投げ

明日からはマップを作ったり、テキストを修正したりしながら、ゲームイベントを作っていきます。
1月中に体験版出せるといいなあ……

乳揺れの王国(4)

シュガーSのシナリオ執筆ですが、今晩中に18分の17が終わるのではないかと思います。
もうエンディングですよ。
今晩分が終われば、シナリオ的にはストーリーイベントのテキストがほぼ完成です。
今後、台詞に関しては若干足したり引いたりするところも出てくるでしょうが、メインストーリー分については基本、これで決まりです。

乳揺れの王国(3)

シュガーSのシナリオ執筆、18分の14がまもなく終わるところです。
来週前半くらいには、一通りシナリオが完成するのではないかという気がしています。

それと今回は、主人公たちの敵、シュガーSことシュガー・シロップのちびキャラをご紹介します。
画像左のキャラです。
1111
当然私一人ではとても作れませんので、以前にご紹介したちびキャラ同様、ぴぽや様のご協力を得て完成させました。
ちびキャラの見た目は可愛いですが、中身は手強い相手です!
気を引き締めて戦って……負けていきましょう。
こいつは強いぜ!

A.K.ヒロインは404なのか?

シュガーSのシナリオ執筆ですが、現在18分の10が終わるあたりです。
多分今晩中に、18分の11に入れるのではないかと思います。

実は昨晩遅くブログが見られない状態になってしまい、かなり焦りました。
原因はサーバー側が再起動に失敗していたとのことで、今は全て復旧している状態です。昨晩はほんと、顔が青くなりましたね……。
このブログ、各記事毎の情報の密度は低いですが、ゲームの制作状況をアナウンスするためには必要不可欠な場ですからね。

やや関連して、過去作の話に移るのですが……
『悪ヒロ対正ヒロ』という作品があります。
この作品は、『悪のヒロインとエッチしましたが何か問題でも?』という短編小説の世界観に基づいて作りました。

この小説は、以前wisperさんという投稿小説サイトさんに一般掲載されていたのですが、今は大変残念なことにwisperさん自体が閲覧できない状況です。
では、どうにかしてこの小説を読む方法はないのかというと……ありません。
今のところは。

ですが、この短編小説がないと、美香と優輝の出会いや美香と由佳梨の戦いもよく分からないんですよね……
ちなみに、蘭子と綾はこの小説には出てきません。
蘭子と綾の2人は『悪ヒロ対正ヒロ』で初めて登場したキャラです。

この小説は、鈴輝桜さんの描き下ろし挿絵があったりして、デラックスな造りだったのですけど、現在ではインターネットの海を探し回っても見つからないと思います。

そこで、今年の年末あたりに時間を作って、自分のPCのHDDを探してみようと思っています。
ひょっとしたら、昔バックアップをとった中に入っているかも・・・
というか、この手の重要なデータを削除するはずはないので、どこかにはあるはずなんです。
問題は、どこにあるか分からないだけで。
自分のPCっていってもいくつも古いマシンがあるし、HDDも昔内蔵だったものが、今は外付けになってほこりかぶってたりしますからね。
見つけたらhtmlに画像と一緒に貼って、是非うちのHPで公開したいんですが。

見つかるといいなあ・・・
見つけたい!
見つけたいですねぇ。

『シュガーS対Mレッド』のちびキャラについて

シュガーSの原稿ですが、18分の8に入りました。
週末には18分の9を終えて中間地点を折り返せると思います。

さて、今回はツクール作品ということで、当然ちびキャラを使います。
そこで、衣装やアクセサリー等、できるだけ立ち絵に合わせたちびキャラを登場させたいと思い、ぴぽや様にご協力頂きました。
各種素材をぴぽや様に制作して頂き、ヒロインのちびキャラはこんな感じになりました。
ss1
画面右の男キャラは私が作った主人公キャラなのですが、ヒロインの存在感に完全に押されてしまっていますね……
すごい再現度だぜ!

体験版にはこのコスチュームの他サキュバス姿でも登場しますので、お楽しみに。
戦闘サンプルのタイトル画面には、セーラーコスチューム姿とサキュバス姿の立ち絵が表示されていますが、このどちらのちびキャラも体験版には登場するということです。

実は、主人公たちが変身した後のヒーロー戦隊の姿もぴぽや様で制作して頂きました。
その辺のちびキャラも体験版のイベント中に登場しますので、後ほどブログで紹介したいと思います。

ぴぽや様では、WOLFRPGエディター用素材やRPGツクール用素材以外にも、一般的なゲーム用画像素材も作られていますので、ゲーム制作に興味のある方は是非チェックしてみてください。無料配布素材も色々ありますよ。

乳揺れの王国(2)

シュガーSのシナリオ執筆ですが、現在18分の6に入ったところです。
本日は25日。
月末までまだ少し日にちがありますから、18分の9のあたりまで進めるのではないかと思います。

それから10月7日に公開した戦闘サンプルver1.11ですが、公開後から現在までのダウンロード数が2590回になりました。
7月に公開した戦闘サンプルの初期版からの通算としては4679回ということで、結構な回数ダウンロードして頂いています。\(^o^)/
戦闘サンプルをダウンロードして下さった皆様、ありがとうございます!
さすがに通算5000DL近い回数ということで、非常に励みになっています!
(適当にサボってゲームやりながら)頑張りますよ!

戦闘サンプルが自分には合わなかったという方、思いの外良かったという方、ご感想は様々と思いますが、良くも悪くも戦闘システムについてはあんな感じで製品版に実装されます。
もちろん体験版にも、サンプルの戦闘シーンがソクっと入ってくる感じになります。
敗北シチュ数は、あの戦闘シーン(”後ろからオナホ”シーン)についてはあれで全部になりますので、体験版で増えるとか製品版で増えるとかはありません。
但し、体験版ではシナリオ的な部分が入ってくるので、プレイ感はかなり変わってくると思います。

体験版は……年明けの早い時期に出したいところですね。
(適当にサボりながらも)頑張ります。

乳揺れの王国(1)

前回に引き続き、シュガーSのシナリオの原稿を執筆しています。
製品版のボリュームでいうと、18分の4(22%)を書き終えたところです。
まだ先は長い・・・
原稿を書き終わったら、イベントを実装しなきゃいけないし、その後は怒涛のエロシーン執筆がありますからね。

毎回の記事でシナリオの進捗を書いていっても退屈だと思いますので、少し余談を交えるスタイルにしたいと思います。
(私の気分転換にもなりますし)

私は基本、洋ゲーマーのつもりなんですが、今年はCivilization VI、Hearts of Iron IVが期待と違っていて、洋ゲーに対する関心が薄れてきています。

そこで、今年の冬用作品として選んだのが、国産シミュレーションゲームです。
具体的には、ジェネラルサポートグロスドイッチュラント2(以下GD2)と太平洋戦記3です。
特にGD2は、発売時にパッケージ版を買って、ちょっとだけプレイして積みゲーと化してしまった作品です。
(当時は余裕がなかったんです・・・今でもないけど・・・)
先週、押入れのダンボール箱を開封してマニュアルを読破してみたら、かなりいい感じのシステムだと感じて、早速インストールしてみました。
まあ、プレイ自体はまだですが。

このゲームのシステムの魅力的な点は、各陸・海・空戦の結果を、予め表計算して概算できそうな点です。
概算でき「そうな」という点がポイントで、実際のゲームではある程度ランダム性が加味されるため、戦闘の結果を完全に予測することはできません。当然ですね。
その代わり、だいたいこんな感じというのをどんぶり勘定で把握できます。
表計算で概算を出して机上計画を練って戦いに挑んでも、必ずしもそうなるとは限らない不確実性がある点が、いかにも現実感があり素晴らしいと思います。
Hearts Of Ironシリーズだと、計算が細かそうな割にはプレイヤーには見えないので、手計算で戦闘計算を概算することは容易ではありません。
従って、損害や戦果を概算して、数値により机上計画練るというのは困難だと思います。
ここが、HoiシリーズとGD2の大きな違いです。

もっとも、陸海空の戦闘を表計算するシステムを作り始めると結構大変そうです。特に陸戦。
シュガーSのシナリオを書いているほうが楽なので、結局表計算のシステムには未着手で、またGD2を本格的にプレイすることはせず、本日に至っています。
少なくとも現段階では、押入れから出してインストールまでしたけど、未だ積んでいるって状況です。

スーパー乳揺れ大戦JK(6)

シュガーSのシナリオですが、体験版の分はほぼ書き終えて、その先に進んでいます。
モブキャラの台詞とか、テキストの仕上げ作業はまだですが、シナリオ的にはイントロっぽい部分はできた感じですね。
このペースだと、今月中に製品版のシナリオの半分以上できそうな気配です。

あと、ゲソ通は日曜日夜ぐらいまでに配信する予定です。
興味のある方はチェックしてみて下さい。